マクロファージ活性化能試験

マクロファージ由来細胞である、RAW264.7、NR8383、J774.1等を用い、Griessの方法でNO産生試験等を行っています。詳しくは下記をご覧ください。

 

【これまで実施したサンプル例】

・植物エキス(液体、粉体)  ・微生物由来物質(LPS、他)

・食品(飲料、粉体、錠剤)  ・化合物

   サンプルの性状によっては、適さない試験もございます。

貪食活性試験

細胞試験
マクロファージ細胞株(RAW264.7、NR8383、J774.1等)培養液中に依頼サンプルを添加し、回収した細胞に蛍光ラテックスビーズまたはザイモザンなどを貪食させて、貪食したマクロファージ の割合、貪食した粒子数を計測します。

 

【試験フローと測定例】

                                                          図J774.1細胞における貪食率(%)     

                               

                                                                                                                                                 LPSp:Pantoea agglomerans由来のLPS

  

→試験お問合せフォーム

NO産生試験

NO産生能を指標として、依頼サンプルのマクロファージ活性化能を評価します。   コチラもご参考ください。

 

【in vitro試験での試験フローと結果例】

                                                           図 RAW264.7細胞におけるNO産生量

TNF産生能試験

TNF産生能を指標として、依頼サンプルのマクロファージ活性化能を評価します。

 

肺胞マクロファージ細胞株(NR8383)のTNF産生能
図3NR8383細胞に大腸菌由来のLPSを各濃度(0.1~1000ng/ml)添加し、3時間後の培養上清を回収した。L-929細胞傷害試験(アクチノマイシンD存在下)試験でTNF産生量を測定した。

<方法>

細胞試験: 
マクロファージ細胞株(RAW264.7、NR8383、J774.1等)培養液中に依頼サンプルを添加し、3~24時間後の上清を回収します。上清中のTNF量はELISAによる測定の他、L-929細胞傷害試験も対応できます。

 

 

 →試験お問い合わせフォーム