その他の試験

★AGEs生成抑制評価 

 

AGEs(Advanced Glycation End Products)=糖化最終生産物質は、老化や生活習慣病(糖尿病など)の原因物質といわれています。

弊社では、お持ちの素材について、この糖化抑制効果があるかどうかの測定サービスをご提供いたします。

 

⇒詳細はコチラ

★アミロイドβ排除機能の評価  

 

アミロイドβは、アルツハイマーの原因物質と言われています。凝集して不溶性の繊維形成よって脳に沈着していくことで、アルツハイマー病が発症します。弊社では、お持ちの素材について、マイクログリア細胞によるアミロイドβの貪食能の測定サービスをご提供いたします。

 

⇒詳細はコチラ

 
 
 

★ATP含量の測定

 

組織中のATP含量の測定を行っています。

★GLP-1、GLP-2およびグレリン等の消化管ホルモンの測定

 

腸管上皮細胞の健常性等を評価する指標として、ご依頼いただいた血清や腸管組織細胞より、サンプル中の消化管ホルモン活性をELISA法にて測定します。

GLP(glucagon-like peptide):GLP-1は、食後に小腸にあるL細胞から分泌されるインクレチン(すい臓からインスリン分泌を促進する)の一つで、グルコースのホメオスタシスの制御に影響を及ぼしています。GLP-2は腸管上皮細胞のホメオスタシスの制御に関与し、小腸絨毛の高さを上昇させ、小窩細胞の増殖を促進し、腸細胞のアポトーシスを抑制することで、完全静脈栄養に起因する腸の発育不全を防ぐとされています。

 

★その他 測定

 

・タンパク質量測定(BCA 法、Bloodford法)